FC2ブログ
2017/09/29

難波 ア〇ン〇ュール 〇〇〇 37 (本当に人妻みたい 優良嬢)

こんばんは。

ふと仕事の取引先様からこんな情報が飛び込んできました。

取「ばくだんさん、最近は遊んではるんでっしゃろか、うひゃひゃっ!」
ば「え、ええ💦まあ、それなりに」
取「僕はもっぱら人妻系の箱ヘルですけどね~、うひゃひゃっ!」
ば「そ、そうなんですか?最近は僕は箱系あまり行ってないですねー。ホテヘルばかりです」
取「ホテヘルはこーーんなデブいのとか、こーんなブッサイクが出てきまっしゃろ?うひゃひゃっ!」
ば「ま、まあそうなんですけど💦」
取「箱ヘルはそんなんいてまへんで!うひゃひゃ!」
ば「でもアレができないでしょ?箱だったら」
取「あん?それができますねん!ひゃくぱーですわ!うひゃひゃ!」
ば「・・・💦」

こんな感じで取引先の部長さんはもう50を超えておられるのですが、かなりお元気です。
(※注:表現をかなり大げさにしています。取引先のOさんすみません💦)

そうとなれば、実践!

ということで、朝から行ってきました。

普通、箱ヘルは日の出~10時までが早朝割引というのがあって安いのですが、このお店はオープン~ラストまで同じ値段です。
人妻系の箱ヘルは初めて行くのでドキドキ。

受付に入ると、さすがきっちりとした接客。

受「いらっしゃいませ。本日はご予約ございますか?」
ば「いえ、初めてです」
受「では、写真指名されますと1,000円ですがどうされますか?」
ば「フリーで45分でお願いします」
受「かしこまりました。10,000円です」

10,000円を払い、待合室に通されました。
朝早いというのに、2名のお客さんが待っています。
待つこと5分、エレベータの中でご対面です。

姫「おはようございます」
ば「おはよう。初めまして」
姫「あっ💦初めましてですね、よろしくお願いします」

部屋に入ると、手前にベッド、奥に浴槽と洗い場があり、昔のソープそのままなんでしょう。
浴槽にはお湯が張ってあり、カランからはお湯が流れっぱなしになっています。
洗い場にはスケベ椅子^^;久しぶりです。

姫「コーヒーかお茶どちらにしますか?」
ば「じゃあ、お茶で」
少し話をして、お互い全部脱ぎます。
スタイルは、少しだけおなかが出ているように見えますが、全然綺麗な身体のラインをしています。
乳首は少し大きめですが、バスとも推定Dカップの良い形!
シャワーに通され、スケベ椅子に座るとゆっくりと洗ってくれます。
なんで、スケベ椅子ってこんなに気持ちいんだろう!
綺麗に洗ってもらった後は、歯磨きをし、一緒に浴槽につかります。
ここでは、B地区舐めから、潜望鏡をしてくれます。
ゆっくりゆっくり舐めて時に奥までズッ!っと咥えてくれるので、気持ちいい!!

しばらく浸かってベッドに移動します。
ベッドはさすがにラブホのように柔らかくはなく、硬いです^^;

浴槽で暖められたローションを持ってきたので、あー、スマタなんだなーと思っておりました。
しかし、僕は最後まであきらめませんでした!(←なにを?w)
姫「ヌルヌルは好きですか?」
ば「うん、好きだけど、後でね・・・」
そう言うと、キスをしてきてくれます。結構長く、舌を絡ませるディープキスです!

ば「う、うわあ、さすがにうまいなー」

そこから優しく優しく乳首舐めから、太もも、タマタマ、竿をゆっくりと舐め上げます。
これが相当気持ちいい💦
フェラもうまく、ゆっかりから深く咥えこむこのテクニックはこのお店の教えなのか、はたまたこの子が調教されてきたのかめちゃくちゃうまいです💦
このままされたらイキそうなので、攻守交替します。

ゆっくりキスしてゆっくり乳首や肩を舐めていきます。
そう、この子がしてきたテクを真似します。
姫「あっ💦ああー」
控えめですが、良い声が出ます。
そして綺麗な足、太ももを舐めながら、アソコの周り、クリを舐めると
姫「ああっ!💦」ビクン!と反応します。
いつもの通り、クリを舌で転がしながら時折ちゅっちゅっっと吸うと
姫「あああーーー💦」とよがります。

さあ、ここから本番です!

愚息を持ってあそこをグリグリスマタ状態にします。
手を添えることも回避行動もありません。
でもやっぱり箱ということで気が引けてしまっている自分がいます!
それでもグリグリしていると、頭がクプクプ入ってしまってます!

プッ!

理性が吹っ飛び、そのままゆっくりゆっくり沈めていきますと、
姫「うああーーっ!!」
ば「!!!何これ?めっちゃ温かい!」

そこは温かく、かなり濡れています。ひょっとしてローションを仕込んでいたのかも!
気持ちよくって抱き着きながらDキスをすると姫も抱き着いてきます。
上半身を立てて、腰を思いっきり振ります!

パンパンパン!

姫「ああーーー!!」

もう箱であることなんてどうでもいいです!
そのまま突っ走ります!

ば「き、気持ちいいよ・・・もうすぐイキそう・・・」
そういうと、何と姫の両手は僕のお尻に当て、グッと自分に引き寄せます!さらに奥に入ります!
ば「ほんとにイキそう・・・このままイッていいの・・・?」
姫「うん・・・いいよ♡」
ば「イクよ・・・イクイクイク・・・ああっ!💦」
姫「あああーーー!!」

ドクン!!と一回出てから、ドクドク出ています。
しばらく出ていますが、姫はそんな僕をぎゅっと抱きしめていてくれます。
これが人妻の優しさなのか、僕は幸せな気持ちでいっぱいになり、しばらく抱かれていました。
hito


落ち着いたころ、タイマーが鳴り、残り10分のお知らせということなので、後処理をし、シャワーに行きます。

最後も体を綺麗に洗ってくれて、

姫「また、来てくださいね、チュッ♡」

そして、服を着て、部屋の前でバイバイです。



結果、取引先のエロ部長(失礼)の噂は本当でした。
全員がそこまでのサービスをしているとは思いませんが、予想以上に良かったです。

このお店、若い地雷嬢ばかり当たった時とか、ちょっと癒されたいときに行ってみるのもいいかもです。

ばくだんでした
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2017/09/25

コスパ妻 日本橋 ま〇 25 (スレンダー敏感嬢、梨嬢)

こんばんは。
ばくだんです。

以前、ロリ痴女嬢に入ったこのお店ですが、現在ア〇ンズグループ10周年イベントでなんと60分7,000円!
リピーターなら70分7,000円!(消費税合わせると7,500円!)

ということで予約していってきました。

このお店、ネットでは高い高いと騒がれていますが、僕は全く高くないと思います。
確かにホテル代が別なので、ホテル代が3000円もするところでしたら割高ですが、JOYBOXですと1300円で割と綺麗ですので合計7500円+1300円で8800円で逝けます(イベント中ですが)

この日はま〇さんを指名。
JOYBOXに行くもいっぱいで諦め別のホテルに行きました。
外装は綺麗でしたが中身は・・・^^;それでも2500円でしたので、今回のお遊び代は合計10,000円です。

待ち合わせは文楽劇場の前。
待っているとひょこひょこと太いおばちゃん・・・い、いやおばあちゃんみたいな人が近寄ってきました。

ば「( ゚Д゚)!!!」

げ!ひょっとしてこ、この人が今日の相手?と思っていると
おばさん「えっと・・・ひさしぶり~」と近寄ってきました。
ば「えっ?」
おばさん「〇〇さん・・・ですよね・・・?」
ば「ちがいます!!」(←きっぱり!)
そう断ると内心ほっとしました。あのおばさんやったら正直きついです^^;
どんな御仁がお相手するのかしばらく見ていましたが、なかなかそのお客さんは現れなかったので、おばさんは困ったようにうろうろしていました(笑)

次に近づいてきたのは白の短いスカートにこぼれんばかりのバストを揺らしながら歩いてくる長身の女の子。
顔はそれなりにエロそう!子の子かな・・・と思っていたら通り過ぎて、奥にいたお兄さんの所に行きました。
それなりにポチャですが、美味しそうな身体でした(←表現がおっさん臭い)

そして・・・ゆっくり近づいてくる女の子がいましたが、その子もいったん通り過ぎましたが、こっちに近づいてきました。

ま「ばくだんさんですか?」
ば「はい、そうです」
ま「よかったあ!結構上下黒の服の方っていっぱいいるんでどの方かわかりませんでしたよ」
その時、さきほどのおばちゃんがまだいたので、
ば「僕も実は今僕の横で待ってるおばちゃんが近づいてきたので正直めっちゃ焦ってた!違うくてよかったよ笑」
ま「うふふ♡ほんとうですか」

そういって後ろから腕を組んできてくれたま〇ちゃんは、美人でもめちゃくちゃかわいいわけでもないですが、その笑顔に癒されます。そしてびっくりしたのがそのプロポーション!けっこうデブい子が来るのを想像していましたが(失礼)めちゃ細いです。
内心ラッキーと思いJOYBOXに。

先ほど書きましたが、いっぱいでしたので別のホテルにIN。

お部屋に入って少しトラブルはあったものの、少し話をしてお風呂に行きます。

脱ぐと右腰~お尻の部分と肩の部分にタトゥーがありますが、ポイントで入れてるので逆におしゃれです。
胸は推定B~Cカップ、腰もしっかりと括れています。
以前遊んだこと同じくグリンスとボディーソープを混ぜ、きれいに洗ってくれるのですが、その洗い方がエロく、アナルまで丁寧に洗ってくれます。少し流して仁王立ちフェラ。そのまま上目遣いでこっちを見てきます。

ば「は、はずかしいよ💦」
ま「うふふ♡」
結構S気感じます^^;

綺麗に洗った後は、いよいよベッドインです。
この子のプロフに書いてある、背中を触っただけで逝ってしまいます。
乳首を舐めただけで逝ってしまいます、を試したくて今日は指名したのです。

ベッドでは少しキスした後、背中を向けてもらって腰のあたりから上にゆっくり触れるか触れないかくらいで舌で舐めていきます。
あるポイントにくるとビクッ!!!っとなるのでホントに敏感なんでしょう。
上を向いてもらい、キス~肩、胸の周り、乳首を舐めますと、

ま「ああっ!!💦」ビクッ!!っとなります。
面白いので、しばらく乳首をチュッチュッと吸って、舌で転がし、もう一方を指で弄っていると
ま「あああーーー・・・きもちいきもちい・・・いきそう・・・イクイクイク・・・イクッ!!」
ビクン!となり、しばらく硬直します。
えっ?本当に乳首だけでイッてしまったんかな?と思うくらい早いです。
〇〇イ〇のま〇〇嬢より早いです(笑)

しばらく続け、2回ほど逝かれたあと、太もも、あそこのまわり、そしてクリに到達します。
綺麗にそられたアソコはパイパンで、実に舐めやすい(湯川エロ教授風にw)
しばらくクリをレロレロして時折チュッチュッと吸うと、
ま「あああーーー・・・ヤバイヤバイ・・・きもちいきもちい・・・いきそう・・・イクイクイク・・・イクッ!!」
ビクン!!となります!

はやる気持ちを抑え攻守交替します。

先とお返しと言わんばかりに表情が妖艶になり、僕の乳首をゆーーっくりレロレロちゅっちゅうっと吸ってきます!

ば「わ、わああっ!💦き、きもちいい」
ま「んっ?」と意地悪そうに乳首を吸い続け、もう片方の乳首を指で優しく擦ってきます。

ば「う、うわあ!気持ちいい」

ビクンビクンしてるとさっと顔をあげ、ちょうどチソコの上に口が来るように持っていき、妖艶な表情でこちらを見ながらトロ~っと唾液をたらします。ちょうどその温かい唾液が僕のチソコにヒット!!勝手にビクン!と反応します!

ば「!!!」
ま「んっ?どうしたの?」
ば「き、きもちいい。。。」
ま「うふふ♡敏感ね」
そのままゆっくり、テコキしだします。唾液でヌルヌルになった愚息を本当にゆっくりマッサージする感じで触るので、ゾクゾクしてきてそのまままた乳首を舐めてきます!

ば「あ、あかん・・・めっちゃきもちいい」

しばらくしてフェラですが、こちらも強すぎず、ゆっくりと奥まで咥えてはカリの部分だけをちゅっちゅううと吸い上げるので、その度に情けない声が出てしまいます。珍しくシックスナインがしたくなったので、リクエストし、形のいいお尻を眺めながらまたクリを探して舐めていると、「あっ💦あっ💦」と反応し、フェラも途切れ途切れになります。しばらく続けていると、

ま「イクイクイク・・・イクッ!!」ビクン!!

本当に良くイク子です。

たまらなくなって体制を変え、上に覆いかぶさり愚息を持ってあそこをグリグリすると、頭がくぷっと入ります!
そのまま上下にこすりつけていると、喘いでいたのでズ!っと力を入れますが、腰を引かれます。
そして手を添えてスマタ状態に。しばらく続けますがあまり気持ちよくない。
もう一度愚息を持ってグリグリします。手を放してスリスリしていると、ま〇ちゃんも両足を腰の後ろに絡ませてきて力を入れようとするとスッと腰を引きます。

ば「入れたいよ、入れたらダメ?」
ま「うん、入れるのはダメ」
ば「ゴムしても?」
ま「ゴムしたら入るでしょ?」
ば「うん。入る」
ま「入れるのはダメ」

ここで完梨嬢だと気づき騎乗いスマタをリクエストします。

ば「ローションある?」
ま「あるよ♡」

そう言うとローションを取ってきてくれたま〇ちゃんは、愚息にたらーっとローションをたらし、またゆっくり愚息を触りだしてからゆっくりと上に乗ってきてくれます。
その力加減が絶妙にうまくて、気持ちいです!ま〇ちゃんの指は僕のB地区をゆっくり触っています。

段々とこみあげてきました!

ば「もう逝きそう・・・イクよ・・・イクイクイク・・・ああっ!!!」

ドクン!!と出てしばらくドクドク出ています。
しばらく握っているま〇ちゃん。
男性の方は経験あるでしょうか、しばらくしたらこそばゆくて、触ってほしくなくなります。

ば「わ、わああっ!こそばゆい!」
ま「あっ!ごめんなさい💦」
ば「い、いや、誤ることないよ・・ま〇ちゃんが悪いわけじゃない^^;」

そんな感じで、結果は梨でしたが、それなりに満足のいく内容となりました。

この子に聞くと経験は結構あるみたいでお風呂の経験もあるそうです。
通りでスマタがうまいわけです。

リピしたらアレがあるかもしれないですが、フェラもうまく責めがとってもうまいので、責めてほしい方は入ってみる価値はありますね。スタイルもかなりいいです。

以上、今回のレポを終了いたします。

PS.文楽前で会ったあのムチムチの子が気になる・・・^^;

ばくだんでした
2017/09/20

〇〇〇〇 ☆☆ 22 (探し求めていたオキニ極嬢、超優良嬢)

こんばんは。
ばくだんです。

皆さんのオキニ嬢の定義って何ですか?

1.雰囲気が良い(しゃべりやすい)
2.キスがうまい(情熱的である)
3.スタイルが良い(がりがりではなく、女性らしいふっくらとした体形)
4.顔が可愛い(可愛すぎても引いてしまう)
5.感じやすい(少し動いただけでもすぐに逝く)
6.責めがうまい(騎乗位+B地区舐めがあるw)
7.アレができるw(ご想像にお任せしますw)

こんな感じですかね~(笑)(カッコ内は僕の理想)

そんな嬢が実は以前いたんですが、残念ながら連絡先を交換しておらず、突然の退店( ゚Д゚)・・・

こんなことありませんか。
そうなんです。昨年2回ほどリピしていた僕の理想の嬢が突然いなくなりました。
掲示板を見ても梅田にいただとか、日本橋にいただとか噂ばかりが飛び交い、オキニ探しの旅を続けていました。

そんな中、まったく初めてのお店に本日は突入します。
物語はそこから始まります。

いつものようにネットサーフィンをしていたら、僕のストライクの体系の子がいました。
写メ日記も上げている子でしたので、その文章の雰囲気から悪い子ではない、と確信しておりました。
仕事に行く前に少し時間ができたので、そのお店に架電すると、運よく空いているとのことですぐに予約しました。
お店に行って待つこと5分、そこに来てくれたのは・・・

姫「こんにちは」
ば「( ゚Д゚)・・・」(←言葉を失っています)
姫「えっ・・・💦」(←顔がこわばります)
ば「えっ、えっと・・・初めまして・・・では・・・ないよね?」
姫「あっああっ!もしかして〇〇(前の店)の?」
ば「そうそう!〇〇の!思い出してくれた?」
姫「以前は・・・そう、〇〇ホテルで・・・」
ば「そうそう!〇〇ホテル!」
姫「ああ!完全に思い出しました!お久しぶりです~^^お元気でしたか?」
ば「もちろん!いやーでもびっくりしたな!」
姫「私もびっくりしました。最初、私を見て難しい顔をされたんで、えっ?わたしそんなにタイプじゃない?って思いましたよ(笑)」
ば「いやいやいや、そうじゃなくて、知ってる人?あれ?どこかで見たことある・・・と記憶を辿ってたんだよ!」

そこには昨年より少し痩せて、可愛くなった☆☆ちゃんがいました。(※3、※4)
こんな偶然もあるんですね!
ホテルに着くと5組くらい待っていました。僕はラッキーと思い二人で待合で待ってると☆☆ちゃんはぎゅっと手を握ってきます。そして僕の手にキスしたり、頬にキスしたりと甘えてきます。
か、かわいい・・・(←あほですね^^;)
20分くらい待ったでしょうか。もう話ははずみ、心も弾んでいます。
この子は以前遊んだ時から

1.雰囲気が良い(しゃべりやすい)

3.スタイルが良い(がりがりではなく、女性らしいふっくらとした体形)
4.顔が可愛い(可愛すぎても引いてしまう)
5.感じやすい(少し動いただけでもすぐに逝く)
6.責めがうまい(騎乗位+B地区舐めがあるw)
7.アレができるw(ご想像にお任せしますw)

ここまでは確定しています。しかも即プレイなので時間が60分でも十分なんです。

お部屋に入り、今日はソファでイチャイチャしていると、情熱キスをしてきます!!!
2.キスがうまい(情熱的である)
条件がすべて揃ってしまいました!
興奮して、ベッドに連れていくと転がるようにキス、むさぼるようにキス、ず~~っとキスします。(※2)
まるで昼顔のような不倫カップルみたいです。
短いスカートの中からチラチラみえるショーツがエロいです!
そこをめくりあげ、クンクンすると、女性特有のアノ匂いがします!臭くないやつです!しばらくクンクンしていると姫はそこを触りだし、
姫「今日はなんかムラムラする・・・」
そういうのでショーツをはぎ取り、太もも、アソコの周りを舐めていきます。
姫「あっ💦」
可愛い声で喘ぎ始めますので、そのままクリを舐めるとものの数分で
姫「あっあっあああ!・・・いっちゃう・・・いっちゃう・・・ダメダメダメ!いっちゃううう!!!ああっ💦」
ビクン!
姫「はぁはぁ・・・」
本当にすぐにイク子です^^;(※5)
面白いので、上着も脱がせ、僕も全部脱ぎ抱き合いながらもう一度乳首、アソコの周り、クリを舐めていくと、
姫「イクイクイク・・・イクッ!!!」
ビクン!と腰を上げます。
たまらなくなって、愚息を持ってあそこをグリグリするとネチネチとやらしい音がしています。そのままゆっくり挿入(※7)
姫「あ˝うっ!」
ちょっと苦痛に似た喘ぎ声でしたが、ゆっくり~だんだん早くストロークさせていくと、
姫「あっあっあああ・・・逝きそう・・・ダメダメダメッ!イクッ!!!」
ビクン!となった瞬間、膣がキューっと締まり、愚息が押し出されてしまいます。
この子はイク時の締まりが半端ないんです^^;
再度インして、ゆっくりからだんだん早く突くとこっちも気持ちよくって、Dキスしますと、両手を首の後ろに回してきます!そのままガンガン突きますと、
姫「イクイクイク!いっちゃううう!!!」ビクン!となり、腰を浮かせますが、その時の締まりを感じたくてガシッと腰を持ち、そのまま固定します。ぴくぴく動いているのがわかります!き、気持ちいい^^

姫「お、お外に出してくださいね・・・」
ば「うん」

そのまま姫を抱き起し、騎乗位の状態へ。
すると今度は姫が動き出します。ゆっくり~だんだん早く・・・そしてそのままB地区舐めです!
chi1
不覚にも前回ここで逝ってしまいました^^;もちろんぎりぎりまで責めてもらって最後は外に出しましたが・・・

今回は頑張って、気持ちいのを我慢してこらえます^^;
chi2

ば「わあっ💦ヤバイヤバイヤバイ・・・!」

なんとかこらえ、下から突き上げると
姫「ああっ💦きもちいい・・・またいっちゃいそう💦ああ・・・イクイクイク・・・イクッ!!」
ビクンビクン!となり、その度にきゅうきゅう締め付けてくるのでマジでやばかったです^^;

つぎにバックをリクエスト。形のいいお尻を眺めるとすぐに突っ込みたくなり、腰を持ってすかさずストロークします。

パンパンパン!

姫「ああーー!!だめぇー!!イクイクイク・・・あ˝あ˝っっ!!」
カクッと腰を下ろします。

もう、僕も限界が近づいてきたので、正常位に戻り、

ば「もう、イキそう・・・イッていい?」
姫「・・・に出してください・・・」
ば「えっ?」
姫「・・・な、なかに出してください・・・」
ば「ええっ!このままイッていいの?」
姫「コク・・・いっぱい・・・ちょうだい・・・あああーーーー!!!」
ば「イクよ・・・イクイクイク・・・ああっ!」
姫「イクイクイク・・・あうっ!!!」

ドクン!と出て、しばらくドクドク出ています。

ば「はあはあ・・・」
姫「はあはあ・・・」
ば「めっちゃ気持ちよかったよ…ありがとう」
姫「いっぱいいっちゃった・・・ニコッ」

しばらく繋がっていましたが、愚息を抜き取ると白い駅がトロ~っと出てきます。エロイ^^;
姫「たくさん出たね・・・ここもうびちゃびちゃ」
その後もしばらくしゃべっていると無情にもタイマーが鳴ったので、シャワーに行きます。
シャワーでもアキラ100%の真似をしたりとバカ騒ぎをして楽しかったです(笑)

ば「あ、あの・・・これからも会いたいんだけど・・・」
姫「うん!じゃあ連絡先交換するね!」

そう言って初めて連絡先を交換してもらい、次回からは姫予約できる旨を伝えてくれました。

外田氏から中田氏に変わる瞬間・・・至福の時です^^
しばらくはこの子に通うと思います(笑)
そして、しばらくはこのブログには、僕が他に入った嬢の情報を書いていこうと思います。

長文でしたが、ご愛読ありがとうございました。
2017/09/18

激安〇〇 日本橋 〇〇〇 24 (もう一人の人気嬢に行ってきた!優良嬢)

こんばんは!

この子は以前より読者の方から優良嬢情報をもらっており、いつも完売になるため本日予約していってまいりました。
その日は前日からドキドキし、早めに仕事を片付けるばくだんでした(いつもこうなら良いのですが・・・^^;)

受付では予約していたので、すぐに案内になりましたが、待合室で先に待っていた御仁が指名されたのは、つ〇〇嬢!
思わずこの子の情報もすかさずチェックを入れるのでした(笑)

名前を呼ばれ、ご対面。

姫「こんにちは♡」
ば「こんにちは!」

そこには、笑顔の素敵な姫がいました。
芸能人でいうと西脇綾香さんに似ています^^

ホテルに入るまでもかなりフレンドリーに話してくれます。
そして、部屋に入るやいなや、キスの嵐!!
ば「!!!」
立ったまま両手を後ろに回してきて、ぎゅっと抱きしめられます。
しばらくキスしていると、お風呂に誘われます。

姫「ちょっと用意してきますね♡」
姫一人でお風呂に向かい、お風呂に準備をしてくれます。
いつもなら、すぐに帰ってきてくれるところですが、しばらく帰ってこない・・・(゜-゜)
この時間、何をしていいのかわからないですよね^^;

しばらくして姫が戻ってきて、またキスキスキス・・・
ホント、めっちゃキスしてくれます。

お風呂に行くと、浴槽を張り、入浴剤も入っています。
ば「わぁー!ラベンダーだ!」
姫「そう、ラベンダーです。癒し効果もあるんです!」
洗面所にはナースのコスチュームもあります。
ば「え!コスチュームもあるんだ!実はナース好きやねん・・・」
姫「えっ?そうなんですか?勝手にに着たらだめだと思って・・・」
そんな感じで、ナースコスはこのお店の標準みたいです(笑)

お風呂では、ゆっくり体を洗ってくれ、身体を密着させてきます。
自ら僕の手を自分の胸に持って行ったり、少し洗って丁寧にフェラしてくれたり、お尻をサワサワしながら
上目遣いでフェラしてくれたりゾクゾクします。

そして二人でお風呂につかりますが、僕の前に後ろ向きで座ってきて、顔だけこっちを向け、またキスキスキス・・・

う~ん、これだけキスしてくる嬢も珍しいです^^
ゆっくりしているとのぼせるので、程よいところでベッドに行きます。

ベッドで待っていると、そっと寄り添ってきてくれてキス。
恋人同士がするような優しいキスです。
そして、そのまま体を預けていると上になってくれて、またまたDキス、首、乳首を丁寧に舐められ、太もも、アナル、玉から丁寧に舐められます。そして最後に竿。ゆっくり舐め上げるように時に深くズッ!っと咥えてきます。
その瞬間背筋がゾクゾクします!
攻守交替し、キスのお返しと、首筋、胸、乳首を舐めますと
姫「ああ・・・」と控えめの声。
かまわず、ペロペロ舐めていくと「ああん💦ふっ・・・ああん・・・ふっ」
ちょっと変わった喘ぎ方ですが、僕にはこう聞こえました(笑)
そして太もも、アソコの周り、クリへとゆっくり愛撫していきます。

姫「あああっふ・・・き、気持ちいい・・・💦」
しばらく舐め続けていると
姫「あああーーーーっふぅ!あああっ💦」と喘ぎ声が大きくなったので、上に覆いかぶさり、愚息を持ってあそこをグリグリし始めました。
姫「気持ちいい💦気持ちいい💦」と言っています。
そして、愚息から手を放し、一気に突こうとすると、にゅるんっ💦と外にはじかれます^^;

あれ?

回避行動かな、と思いもう一度。
ぐっと力を入れるとやはりにゅるん💦っとはじき返されます。

姫「ゴムするね・・・」
そう言うといつの間に用意したかわからないのですが、姫の手にはゴムがあり、それをパクっと咥えて口で愚息にかぶせます。
ば「えっ?いつの間に^^;」
そう思いましたが、しっかり被され、そのまま騎乗位で入れてきます。
先ほどにゅるん💦って返された蜜ツボは狭く、ゴムをしていても気持ちいいです。
ゆっくり奥に入ると気持ちよくてチソコがビクン!ってなりました(笑)
そのままゆっくり動き出す姫は息も荒く、声はだんだん大きくなってきています。
姫「あっあっあつ・・・」
そして、そのままB地区を舐めてくるので気持ちよくて
ば「ああっ💦」という情けない声を上げてしまいました^^;」
少し落ち着いたころ、今度は僕がしっかり姫の体を持って下からガンガン突きあげました!
姫「あっあっaaaーーー!ふっ💦」

ば「バックがしたい」
姫「いいよ♡」

と、今度はバックをリクエスト。
嫌な顔一つ見せずにお尻を突き上げてきます。
綺麗な形をしたお尻からのぞく女性器が卑猥でまた興奮し、ゆっくりと突き刺しました!
姫「あああーーー!!ふっ!」
バックになるとさらに奥まで到達し、奥の何かがカリに当たってきます!気持ちよくって止められません!

しっかり括れた腰を持ってだんだん早く突いていきます!

パンパンパン!

姫「あっあっあああ!!気持ちいいいっちゃう・・・」
ば「もうすぐ逝きそう・・・」
姫「わたしも逝きそう・・・いっぱい突いて・・・もっと・・・あああーーー!!!」
その瞬間僕もこみあげてきてラストスパートします!!

パンパンパンパンパン!!!

ば「イクよ・・・イクイクイク・・・ああっ💦」
姫「ああああーーーっ!!」

ドクン!!!と一回出てそしてドクドクと中に出ています(ゴムの)
しばらく動けません💦
落ち着くまでその体制を保ってくれていた姫は、こちらを見てニコッとしてくれます。そしてまたキス・・・

ようやくGを外し、ティッシュを取ろうとすると姫はそのままチソコを舐めてきました!
ば「わ、わああっ💦」
ゆっくり残っている精子を搾り取ってくれています。正直お掃除フェラはこそばゆくて苦手ですが、この時はなぜかゾクゾクしました。

そして顔を見合わせてキス・・・

うーん、最後までキスを欠かさない姫なのでした(あ、最後自分の精子もあったんや。。。( ゚Д゚))


帰り際・・・
ちょっとした課題を渡され、次回来る時までに教えてくださいね♡という彼女に再来を誓い、ハイタッチでバイバイしました。

この値段でここまでのサービスをしてくれる子もなかなかいないな、と思うばくだんでした。
2017/09/15

コスパ妻 日本橋 〇〇 28 (ぽっちゃりだけど、顔はロり系 優良嬢)

こんにちは。

この日は神戸で打ち合わせがあり、前日から資料資料でとことんイライラしておりました。
そしてこの日は打ち合わせが終わったらぜーーったい大阪まで行くんだ!と心に決めておりました。
この日の夜の出勤は、〇〇〇〇店の※※※、激安〇〇の※※※、エコ日の〇〇
それぞれ出勤を確認するも、もし打ち合わせが長引いたら、など考えると予約なんて怖くてできません^^;
予約を断ったら二度と予約できない

そして打ち合わせが終わり、いそいで電話するももう完売であったり休みだったり・・・

一瞬諦めかけましたが、エロの悪魔はそっと耳元で囁きました。

悪「youいっちゃいなよ!」

その言葉で前から気になっていたお店に架電。
すぐに逝ける子はこの子です。初回と新人割で安くしときますよ、70分8,600円ですよ~と。
二つ返事でじゃあ、その子!と返事していました(爆)
予算は13Kくらいだったので、まあ、良しとしましょう。

少し時間があったので、その子のページを見ると・・・
( ゚Д゚)!
M男の皆様お待たせ致しました♥
今までにない女性!
【完全S責め好き】
〇〇さん

前立腺マッサージから初め
数多くの責めを重ね
男性の潮吹きまでさせてしまう
感じる男を見て
〇〇さん自身も感じるそうです!

可愛い笑顔の奥にはサドが潜む
彼女の見た目からは想像出来ないギャップに驚きです。

遂に貴方の欲望に答えてくれる
女性が現れました!

( ゚Д゚)!( ゚Д゚)!( ゚Д゚)!

開いた口が塞がらなくなりましたが、まあ、ソフト性感的なことをしてくれてこの値段だったら良しとしよう。。。
そう思い、今日は身を任せる気で逝きました。疲れてるしね^^;

このお店はホテル代が別です。
70分なら1,300円で利用できるホテルがあるというので、そこのホテルロビーで待ち合わせです。
JOYBOXというホテルのロビーは広く、嬢を待ってるとかなりの風俗人口とすれ違います^^;
KTや、グランと違い、かなり可愛くてスタイルが良い女の子ばかりが僕の目の前を通ります!
思わず、「どこのお店の方ですか?」と聞きそうになりましたが、フロントで「~(店の名前)です」を聞くのが精一杯でした。
めちゃくちゃかわいい子が風俗に入るんですね~^^;

そんなこんなで10分ほど待つと、
姫「・・・ばくだんさんですか?」
ば「あ、はい、そうです。」
姫「よかったあ!お店から電話しても繋がらなくって・・・」
ば「え?あ、ほんまや!電波悪いなーここ^^;」

そこにはぽっちゃりですが、顔はロリ系で可愛く、とてもドSに見えない子が立っていました。
とりあえず、一安心してお部屋に向かいます。

部屋は案外広くて綺麗です。
ベッドも広くてKTの二倍、ビジネスホテル日本橋よりも三倍はいいです(笑)
女の子はお店に電話を済ませると、急に玄関の前で地べたに座り、三つ指を立てました。
( ゚Д゚)”!!
姫「本日お相手させていただきます〇〇です。よろしくお願いします」
ば「( ゚Д゚)・・・」
えっ?こんなに丁寧にされたの、初めてやわ・・・
今日は結構予想外のことが多いです。
もしかすると・・・
そんな期待も含め、色々話しますと、
ば「ドSなんだって?」
姫「はい、責められるより、責める方が楽しいですね。ガシガシ責められるのは苦手です💦」
ば「んじゃ、今日は責めてもらおうかなー。ぼく、ドМやし(笑)」
姫「そうなんですか?じゃあ責めさせてもらいますね(笑)」
こんな感じで和やかに話は進みます。決して痴女的な感じではありません。

お風呂では、洗面器にローションとお湯とグリンスとボディーソープを混ぜ、泡立てます。
そしてそれを両手にすくい、僕の身体に塗っていきます。優しく優しく、乳首も触られるので、
ば「ああっ💦」と情けない声が出ます(笑)同時にチソコも反応^^;
姫「お兄さん、もう勃起ってんで。はやない?(笑)」
ば「え、だって気持ちいいもん^^;」
ドSだと、「誰が勃起していいって言ったの?悪い子ねぇ・・・」みたいになるのですが、この子はあくまで和やかに(笑)

そして、いよいよベッドです。
ベッドにはちゃっかりローションを持ってきます。
そして、寄り添うように横になりました。
〇〇ちゃんは、乳首をコリコリしてきてくれますが、襲ってくるような雰囲気は全くありません。
しばらくは身を任せていましたが、だんだんそのロリ顔を見ていたら仕返ししたくなってきました(笑)
くるっと僕が上になってキスします。ちゅっちゅっからの少し下を絡めるキス。悪くありません。
そして、結構乳輪が大きいFカップの胸に顔をうずめると、やわらかい~!
乳首を舐めると・・・
姫「あっ💦」
ば「ん?こそばゆい?」
姫「うん、こそばきもちい・・・あんっ♡」その瞬間また乳首を舐めるばくだん。
ゆっくりゆっくり乳首を転がしながら時にちゅっちゅっと吸って、片手でもう片方の乳首を優しく弄ります。
姫「あ・・・はぁあ・・・きもち・・い・い・・・お兄さん、責め方うまいね・・・💦」
おおー!S嬢にうまい頂きました(笑)
そのまま太もも、アソコの周り、クリへと舌を這わすと、
姫「ああっ💦ああっ💦」とよがります。面白くてしばらく続けるともうあそこはヌレヌレです!
たまらなくなって上に覆いかぶさり、また乳首を吸いながら愚息をグリグリあてがいます。
ゆっくり顔を見ながら当てていきますが、ヌレヌレなんで、もう入りそうです!
姫「したくなっちゃった?」と聞いてきますが、そこはやせ我慢!(←なんで?w)
ば「いや、別に」(←エリカ様風に)
でもストロークを繰り返しているとグニグニ生の感触が愚息に伝わってきます。
もう入りそうです!ってか、入ってます!確実に(笑)
そのまま一気に突き刺しました!
姫「あああーーーっ!!」
締まりはそんなに良くないですが、まあまあ気持ち良い感覚が走ってきます。
しばらく動くと、
姫「あ、あの・・・ゴムしてくださいね・・・」
ば「えっ?」
姫「ゴムじゃ・・・だめ?」
ば「ちゃんと外に出すから大丈夫だよ!」(←ホンマかいな^^;)
姫「うん!じゃあいいよ!」(←えっ( ゚Д゚)えらいあっさりやな・・・)

今日は( ゚Д゚)が多いです(笑)

しばらく動いているとこみあげてきてしまったので、体制を変え、騎乗位に。
騎乗位ではあまり得意でないというので、ゆっくりでいいから動いてそのままB地区を舐めて、というと
姫「わかった」と言って言うとおりにします^^;(もう、どっちがSかわかりません(笑))
ゆっくり動きながらちゅばちゅば乳首を吸ってきます!
ば「うわ!( ゚Д゚)!こ、これは・・・やばいやつや!き、きもちいいー!」
決してうまいとは言えませんが、その一生懸命さと手抜きをしないサービスでまたもやこみあげてきてしまい、
バックをリクエストする余裕がもうありません・・・💦

最後は正常位に戻って、フルスピードで動きます!

ば「もう逝きそう・・・イッていい?」
姫「うん、いいよ!」
ば「イキそう・・・イクイクイク・・・ああっ!」
姫「あああーーーーっ!!!」
我慢に我慢しておなかに発射しました。
量が一致しません^^;
ば「わー、良かったよ・・・」(←S嬢を虐めた優越感に浸るばくだん)
姫「もう~、お客さんSじゃないですかー」
ば「そんなことないよ、ドМだよ~笑 乳首とか弱いし(笑)」
姫「じゃあ、ローターとか当てたら、弱いのかな?」
ば「うん、たぶん弱いやろなー。ローターあるの?」
姫「うんあるよ!」
ば「じゃ、次使ってね!(笑)」
そういうと、なぜか、カバンの方に向かう姫。ごそごそとカバンから取り出したのはなんと、ローター!^^;
ば「えっ!今するの?💦」
姫「うん、今する(笑)」
そういうと、ローターのスイッチを入れ、僕の乳首に押し当ててきます!」
ば「わ、わあ!💦」ビクン!となる僕を面白がって、しばらくやってきます。
ば「ろ、ローターより、舐められる方がやっぱきもちいいな💦」
そういうと、また乳首をちゅばちゅば舐めてきます。
ば「あっ💦」とまた情けない声が出て、チソコが反応しそうになりますが、2回戦はやはり無理なので、ローターを取り上げました!
ば「これ、クリに当てたら気持ちいいの?」
姫「気持ちいいよ♡」
ば「やってもいい?」
姫「イイよ」
そうして、ローターをクリに当てると
姫「ああ~💦」ととがります。
クリの皮をむいて直接クリにじーーーっと当てますとさっきよりも声がでかくなってきて
姫「あっあっあっ・・・ああーーー!!」
最後はピンポイントでクリを狙うと
姫「ダメっ!いっちゃう・・・イクイクイク・・・・ああっ!」
ビクン!!となり逝かれました。そして、逝ったすぐのクリをちゅうちゅうすうと・・・
姫「きゃあああ!!あかんて!逝ったすぐのクリは!!!」
でも両足をガシッっ!!っと持ってさらに続けます!
姫「ほんまに、ほんまにあかんて!!」
と逃げまくる姫が可愛かったです。

と、最後まで今回はSとMが完全に入れ替わってしまったんですが、責めはやっぱり上手そうなんで、次回は責めてね♡と言って再来を約束し、ハイタッチでバイバイとなりました。

結果、まずまずのお遊びになったことを報告いたします。

ばくだんでした。
2017/09/12

〇〇〇〇 ※※※ 29 (インリン似の極嬢、超優良嬢)

こんばんは。
毎週のように突撃しているばくだんです(笑)

今回は、ちょっと噂のお店へ突撃してきました。
えっと、今回も完全伏字でお願いします。
しばらくは質問にも答えることができません。
ご了承くださいませ。

今回は、パネルから気になった子を選ぶと、すぐに逝けるということでしたので、1〇,〇〇〇円を払い、待合で待つこと5分。
お店を出た前で対面です。

姫「こんにちは」
ば「こ、こんにちは!」

そこにはかなりすらっとした、スタイルの良い、美人さんがいました。
一瞬、インリンかと思うほど自分にはストライクの美人さん♡
もう、言葉がういてしまっています!(笑)

しかし気取らない性格なのか、かなりフレンドリーにしゃべってくれてホテルに着き、一緒にEVに乗ったときはドキドキが止まらなくて何階の何号室に入ったかもわからずじまいでした^^;

短い時間でしたが、楽しくて部屋に入ってもイチャイチャ。談笑も終わりシャワーに誘います。
(即プレーも可能みたいですが、一応お初ということで)

脱ぐとスポーツをやっているらしく、見事なプロポーションをしています!
細いです!がりがりではなく、出ているところはしっかりと出ていて、括れているところはしっかり括れています。
ウエストは実に22インチしかありません!( ゚Д゚)
どこぞの嬢はこの姫の爪の垢でも煎じて飲んでほしいくらいです(笑)

細い体を堪能し、ベッドに入るとそっと寄り添ってきて目を瞑ります。
全てを僕に預けています!
ゆっくりキスすると、ゆっくりですが姫もそれに反応してくれています!
舌を絡めて見るとゆっくり絡めだして、次第に激しくなります!
ば「ぬおおおお!!情熱キスだ!!」

前回も言いましたが、僕はキスがうまい子が好きです。
この子もキスはうまい方だと思います。

姫はくるっと上になってキス~B地区舐め、片方の手も乳首を疎かにしません💦
ば「う、うまい💦きもちいいー!」
その瞬間、
ば「ああっ💦」と情けない声が出ます(笑)
フェラもタマタマからじっくり舐め上げるタイプで、ジュポジュポとたまに奥までググッっと咥え込みます。これには思わず背筋がゾクゾクします^^

程よいころ、ポンッと愚息から口を放し、こっちに寄り添ってきます。
攻守交替で乳首を同じように舐め、片手でもう片方の乳首もコリコリしますと
姫「んっ💦あっ・・・ああ~💦」と良い声が出てきます。
下に降りていき、カモシカのようなきれいなおみ足を舐め、太もも~あそこの周りをゆっくりと舐めますと
姫「んっ・・・んっ!・・・ああっ!!」と反応します。

たまらなくなり、上に覆いかぶさると、なんと!姫の方から両手を首の後ろに回してきました!
そのまま抱き寄せると、当然のように愚息はアソコの入り口をつんつんします(←表現がエロ漫画w)
自然に湧き出た天然ローションもあって、ググッと力が入って行きます。
腰をそのまま下ろすと・・・

ニュルッ!っと入りました!

姫「あああーーーーっ!!!」

びっくりするくらい快感が脳を突き破ります!

ば「き、気持ちいい・・・💦」

スポーツをしている子は締まりがよいのか、この子が細いからそうなのかわかりませんが、かなり締まります。
そして細い腰は華奢ですが、しっかりとしていてその腰を起用にクネクネと動かしてきます!!
ば「わ、わあっ💦」
気持ち良すぎてあまり動けませんでしたが、ゆっくり腰をうごかし、そしてだんだん早く動かします!
姫「あっあっあああ!!」
お顔を見ると困っています!美人を困らせていることを考えるとさらに興奮します。

細い体を起こし、騎乗位をリクエストすると軽いのでいとも簡単に持ち上がります。
今度は姫が動いてきます。そしてそのまま僕のB地区を舐めてきました!
ば「えっ💦わ、わああ!き、気持ち良すぎる💦」
情けない声とは裏腹に姫はどんどん腰の動きを早くさせます!
ば「え!ちょっと!ヤバイやばい!!」がしっと腰を持って動きを止め、やり過ごしました・・・^^;
次にバックをリクエストしますと快く受け入れてくれます。
すらっとしたしなやかな腰からお尻にかけてのラインが素晴らしく、また興奮して後ろから突き刺します!

姫「あああーーーーっ!!!」

先ほどよりも声が大きくなり、僕は一心不乱に腰を振っていました。
お互い汗だくになってきてもうそろそろ逝きそうになったので正常位に戻ります。

すると姫は口をパクパクさせてキスをねだります!
え、エロい!

Dキスしながらパンパン突くとだんだん込みあがってきました!

ば「もう、イキそう・・・イッていい?」
姫「いいよ・・・イッて・・・」
ば「おなかに出すね・・・」
姫「・・・」
返事がありません・・・

ば「えっ?このままイッていいの?」
姫「コク・・・」

ま、マジですか!!生きててよかった!考えずに入ってよかった!!と思う瞬間!!

ば「イクよ・・・イクイクイク・・・ああっ💦」
姫「あああーーーーっ!!!」
ドクン!と一回出て、そのままどくどく出ています。しばらく出ています。
う、動けません^^;

しばらくたったころ、姫の顔を見るとニコッと笑っています。
か、かわいい♡
そしてキスすると姫は小悪魔のように笑い、膣をキュキュッと締め始めました。
ば「わ、わあっ💦」
姫「ウフフ♡全部搾っちゃう^^」
ば「えっ?・・・ああっ💦きもちいい・・・自分で締めれるんだ」
姫「訓練したらできます♡」
ば「ど、どんな訓練やねん(笑)」

そうしてしばらくつながったまま、幸せな時間は過ぎていくのでした。
終わった後も、気さくに話をしてまるで恋人のような時間でした。

帰り際、また来ることを約束し、ハイタッチでお別れしました。
探せばいい子はまだまだいますね。

ばくだんでした
2017/09/11

激安〇〇 日本橋 〇〇〇 23 (言わずと知れた人気嬢に行ってきた!優良嬢)

こんばんは。


 日本橋にはG&Tグループのお店がかなりありますが、ここ激安〇〇も有名なお店です。
今回もムフフ♡(←表現が古い💦) な内容になっていますので、完全に伏字でお願いします(笑)

この日も日本橋界隈のお店をチェックすると、良嬢の出勤がゾクゾクと!
〇〇イ〇 ※※※嬢、激安〇〇 ※※※嬢、スピードエコ〇〇〇店 ※※※嬢・・・^^;
ぼくの良嬢基準値は、基〇ではなくキスで決まります。キスがうまいと相当ランクがアップします(+2くらいw)
もちろんそれに基〇が加われば申し分ないのですが、初回は無くても徐々に仲良くなっていくにつれ、そういう関係になっていく子も知っていますので、基〇は二の次です(←ホントかよ?w)

 この日は言わずと知れた人気嬢を予約し、お店に向かいました。値段は1万円と少しと言っておきます(笑)
予約時間に事務所に行くと、5分ほどで案内されました。

姫「こんにちは♡」(にこっ)
ば「あ、こんにちは!」
姫「・・・」(じーーーーーっ・・・にこにこにこ)
ば「ん?」
姫「・・・」(じーーーーーっ・・・にこにこにこ)
ば「ど、どうかした・・・💦」
姫「いえ、どうもしませんよ」(にこにこにこ)

そこには目がしっかりとは開いていないようには見えますが、笑顔が絶えないゆる~い感じの女の子がいました。
芸能人でいうと優〇に似ています!
実は優〇めっちゃ好きなんです💦
志村けんが羨ましいです(爆)

ジュースを買う時も、
ば「どれがいい?」
姫「う~~~~ん・・・どれにしようかな・・・」(にこにこにこ)
こんな感じで笑顔を絶やしません^^

ホテルに入ってしばし談笑。
話しているときもじぃーーーーっと僕の目を見てきます💦
でもその度にニコッと笑ってくれる彼女に嫌な気なんてするはずがありません。
しばらく話をして、シャワーに行くことに。

姫「暗くしていいですか?」
ば「うんまかせる」

かなり暗くする

ば「えっ?そんなにしたらかわいい顔が見えないじゃん!これくらいに・・・」
姫「でも恥ずかしいし・・・💦」
ば「え!なんで・・・」
姫「太いし・・・💦」
ば「そんなことないよ!女性らしくてちょうどいい!」
姫「でも重いよ・・・💦」
そう言った彼女に近づき、ぎゅっと抱きしめ、持ち上げようとすると
 
姫「きゃ~~~^^;!」

う~~~~ん、可愛いじゃないですか!
こんなおっさんにもかわいい子が抱ける激安〇〇さん、ありがとうございます!(笑)

シャワーもボディーソープを使っていいですか?と、かなり気が利きます。

そして・・・

ベッドの中に入ると自然にキス。
ちゅっちゅっとキスしますが、姫は首の後ろに手を回してきます。
ず~~っとキスしてくれます!
そして首筋や肩をチュッチュッと舐めていくと
姫「あっ💦あっ・・・💦」と可愛く喘ぎます。
そのまま乳首を舐めるとビクン!と反応し、
姫「ああ~~!!💦💦」とよがります。
そしてくるんと体制を入れ替えると、お返しとばかりに僕の目をじっと見つめ、ウフフ♡と笑っています。
Dキスから、乳首舐めなんですが、かなり丁寧にしてくれます。
そして、フェラ!
ゆっくり裏筋から舐め上げ、タマタマも舐めて竿をゆーーっくりと舐めます。
この感覚が僕のツボを押さえているかのようにめちゃくちゃ気持ちいい!

ば「ああ~💦」と変な声が出ると姫はにこにこ笑いながら続けます。
背筋がゾクゾクします!

さらに攻守交替で、胸から太もも、あそこの周りを舐めると
姫「あああ~~💦」とビクンビクンしています。

たまらなくなって愚息を持ち、アソコの周りをグリグリしていますと天然ローションと絡まり、気持ちいい!
お顔を見ると優〇が困っています!
興奮は絶頂になり、そのまま愚息を突き刺しました!

姫「あああーーーーっ!!!」
その瞬間愚息から脳に直撃で快感が伝わり、愚息もドクンドクンいってます!(注:イッたわけではありませんw)
ゆっくりと動き始めると、それに合わせて姫は「あっ!あっ!」と言っています。
だんだん早くストロークすると、
姫「ああ~~!!だ、だめぇ~~!💦」と悶えます!
その度にキュッキュッと締まって来るので、いきそうになります^^;

騎乗位をリクエストするも、重いからという理由で断られましたが、その可愛い顔を見ながら突いているともう逝きそうになってきました。

ば「もう、イキそう・・・イッていい・・?」
姫「イイよ・・・あんっ♡」
ば「イクよ・・・イクイクイク・・・ああっ!!」
姫「あああーーーーっ!!!」

ドクンっとそのままイッてしまいました💦
しばらくドクドクでています。
そしてしばらく後、見つめ合ってキスします。

その後もイチャイチャしながら、尾張の時間が来るまで余韻を楽しみました。

言わずと知れた人気嬢は、笑顔も性格も、そしてプレーも最高なのでした!
2017/09/02

シリーズその1 ネットで噂の地雷嬢は本当に地雷か!? 激安商事の課長命令 十三社内恋愛 な〇〇 20(Gカップ巨乳嬢)

はい。
ばくだんです。
ブログタイトル通り、
「ネットで地雷嬢は本当に地雷か!?」を決行します(爆)
本日はこちら!
激安商事の課長命令 十三社内恋愛です。
ここは昔、チ〇コ(注意:ンではないw)ちゃんに入りましたが、激ポチャで梨をくらいました(笑)
一緒に行った同僚は、いい思いをしたというのに。。。^^;

そんなお店ですが、ネットではかなり叩かれている子がいます。
朝から出勤の子ですので、仕事に向かう前にGOです!

ここからは、ネットの評判と比較しながら話していきましょう。

な〇〇は止めとけ、金ドブやぞ。巨樽で態度デカイ、受け身を
嫌がる、あれするなこれするなと煩い。初回は木梨、リピればG基らしい
しかもG基なのに逝くときは外出しだと。ふざけとる。リピなし!
~したらばより~

今まで皆さんの意見を参考にしながら、怖いもの見たさでな〇〇入りました((((;゚Д゚)))))))
太いのには耐性あったが、フェラ適当、手コキは痛い、アソコの割目のデカさ、そしてガバガバ((((;゚Д゚)))))))
ただ、かなり昔の書き込みにあるが確かに柳原可奈子には凄く似てた♪(´ε` )
ただ、テク無しガバガバでダントツの1位とな抜かしてたは((((;゚Д゚)))))))リピは無理やわ((((;゚Д゚)))))))

俺もだいぶ前に入ったが、最初の見た目は確かに柳原可奈子。しかし脱ぐと貴闘力のような樽体形、これで完全に萎えた。シャワーでは絶対に基盤しないと力説しておきながら、ベッドでな〇〇の言う通りに気持ちよくさせたらあっさり基盤しようと持ち掛けてきた。
さっき基盤しないって言ってたよねと言うと、私がしたいって言ってるんだから有難いでしょ!って感じで逆ギレ気味。
しかし、愚息が全く反応しなかったので、嫌な雰囲気のまま終了。まさに金ドブ。

柳原可奈子好きならな〇〇はかなり可愛いと思うはず。
実際似てるし、俺的には柳原可奈子より元々可愛い顔してると思う。
ただ彼女の場合、お客の態度、特に初回の印象でサービス内容は大きく変わる。性格も結構ワガママお嬢様なので、その辺り注意してご機嫌取りながら初回を乗り切れば、あとはリピしてもすごくフレンドリーに接してくれて地雷サービスにはならない。
気に入られないと手コキオンリーになる。
気に入られれば入れたいと言えばんじゃ上になって。というし、気に入られなければソープ行けって言われる。
まぁ、俺は仲良くしてるから今やなんでもオッケー。
そうなったらな〇〇はなかなか可愛いいい子だよ。
~爆サイより~

と、まあ、ネットでは酷評ですが、それでもばくだんは入ります(笑)

十三の事務所は駅から歩いて5分ほどの雑居ビル。
3Fで受付を済ませると、客の足だけが見えるあの待合室です^^;
5分ほど待って、ご対面。

な「こんにちは!」
ば「こ、こんにちは」

そこには榎本加奈子というより、極楽とんぼの山本がいました・・・💦
それでも綺麗にお化粧をして見ようによってはかわいい。。。うん!かわいいぞ!
腕組アシストもあり、二人でホテルへ。
途中、自分より太い嬢を見て、
な「あの子、めっちゃ太いやろー。めっちゃ食べんねんで!私も太いけどすごい太いやろ?(笑)」
ば「う、う、う、うん、そうだね・・・💦」ちょっと返答に困りましたが、確かにな〇〇ちゃんよりは太い。
部屋に入ると、ヘッドにポーンと座ったな〇〇ちゃんは、いきなりスタッフの愚痴を言ってきました。

な「わたしね、嫌われてるかもしれへんねん」
ば「えっ?なんで?」
な「夜はいいねんけど、朝のスタッフに私全然勧めてくれへんねん。普通さ、指名上位の子勧めるやん?でも自分の好きな子しか勧めへんねんで。この前それで揉めてん・・・」
ば「そ、そうなんだ」
と、ネットで書かれていた評判はまんざら嘘では無さそうだ・・・
この先の不安がよぎります^^;

そんな話が10分ぐらい続き、シャワーに誘うと、さっと来ていた服を脱ぎ棄て、丸裸になったな〇〇ちゃんは、またベッドにぽーんと腰掛けました。その姿はまるで極楽とんぼの・・・

シャワーを浴びて、ベッドに入ると
な「こっちに来て、ここに横になって!」と指示をします。
言うとおりにすると、乳首をちろちろと舐めはじめ、いきなりローションを取り出しチソコに塗り始めました( ゚Д゚)!

な「すぐに逝ったらあかんで♡」

言葉攻めなんでしょうか・・・( ゚Д゚)
僕にはAVを見て潮吹きをさせようと手マンをガシガシする輩と何ら変わりなく思えました。
キスをしようとするも、ちゅっだけで終わり、乳首舐めをちろちろしながらテコキを始めます。

な「気持ちいい?ん?」
ば「き、きもちいいよ」(←棒読み)
な「ここが気持ちいうの?」
ば「き、きもちいいよ・・・」(←棒読み)
少しでも体がビクッと反応しようもんなら
ね「ん?どしたの??気持ちいいの?」
ば「きもちいーよー・・・」(←棒読み)

この先はないなと思い、

ば「スマタは出来ないの?」
な「えっ?できるよ・・・上になって」

と、ここでいつもの形をとるのですが、愚息がどうも反応いまいちです。
それでもグッと握ってあそこの入り口をグリグリするとやっと反応が出てきました。

な「あっ・・・あんっ」
ちょっと色っぽい声も出てきたので、愚息から手を放し、フリーハンドスマタをしていました。
すると、時々入りそうになり、
な「それ、入ってるで」
ば「えっ?入ってる?」
な「入ってる。エッチはせーへんで。2回目以降やったらする。最初は梨。」
ば「( ゚Д゚)・・・」

仕方なく半分入るか入らないかの瀬戸際でスマタを繰り返しました。
高速で自分のナニでクリをこすりつけると

な「あああーー・・・きもちいい、きもちいい」と言っています。
亀頭部分を入り口に当て、グリグリ動かすと、
な「そ、それ、きもちいいーーー」とおっしゃいます(←なぜか敬語)
ぐっと力を入れると入りそうになりますが、
な「入れるのは無しやで」
ば「着けてもあかん?」
な「あかん。最初はね。次来てくれたらお互いのこと知ってるから入れてもえーよ。私を怒らせたら怖いんだから!」
と、まあ、小悪魔的には言ってくれていたので、そんなに嫌われてはいないようですし、次回来たら本当に基盤ありなんだろうなーと思いました。

今日はあきらめ、乳首舐めからのテコキに戻ります(正直スマタでは逝く気がしなかった)

ば「もう逝きそう・・・」
な「逝きそうなの・・・?まだ逝ったらあかんで」
ば「えっなんで・・・あっ!」
そういうと手の動きが早くなります!
ば「わあっ!!イクよ・・・イクイクイク・・・」
な「逝ったらあかんで!」
ば「イクー・・・ああっ💦」
その瞬間ドクっとでました。
な「逝ったらあかんゆうたやん・・・」
そう言いながらもチソコから手を放しません。
まだしごこうとします・・・
ば「わあ!💦もういいよ!こそばゆい・・・」
な「このまましたら潮吹きするよ!」
ば「ええーー!ムリムリムリ・・・」

本当に無理だと思ったのか、そこでプレイは終了しました。

な「わたしのお客さんMの人が多いねんなー、お兄さんもMやろ?」

はい。確かにMですが、僕の求めているのはそんなS女じゃありません。
せめて、ソフトM性感店くらいの言葉攻めとエロさがあれば、僕ももう一度入ろうとは思いますが、残念ながら彼女にそれはありませんでした。

むなしさだけが残り、十三を後にするのでした。

PS.帰りしなにまたもや激デブの嬢とすれ違い、
な「なっ、あの子、太いやろー」
ば「・・・」

ばくだんでした。